注目キーワード
ぷろろオーガニックライフ
  • 2024-06-14
  • 2024-06-15

「糖鎖」の異常が病気や肌トラブルを招く

細胞には「糖鎖」と呼ばれる無数の産毛のようなものがあり、相互に情報をやりとりしています。栄養が血液に乗って運ばれてくると、栄養なのか有害物なのか瞬時に判断しています。それが栄養なら細胞内に取り込んでエネルギーに変え、細菌やウィルスなら免疫細胞と連携して排除します。しかし現代人はその糖鎖が食品添加物などの影響で40%も損傷しているのです。

  • 2024-06-06
  • 2024-06-11

金属アレルギーの現状と予防

金属アレルギーは、金属に触れることでアレルギー症状を生じる疾患です。ピアスやイヤリング、ネックレス、腕時計、アクセサリー、日焼け止め化粧品など、金属と接触した部分だけに赤いブツブツの紅斑、水疱やかぶれ、皮ふの盛り上がりが現れるのが特徴です。発汗の多い夏に増加しやすい傾向があります。金属が体に直接触れることで皮ふから金属成分が浸透する場合と、食品に微量含まれる金属や歯の治療による金属を原因とする場合があります。

  • 2024-05-20
  • 2024-05-21

カロリー十分なのに栄養不足とは?!

私たちの体は、食べ物で作られています。飽食の時代といわれる現代において、食べ過ぎによる肥満など、食事のバランスが偏ることによる新型の栄養失調が指摘されています。偏った食生活がさまざまな病気や成人病を作りだしているのです。とくにタンパク質、食物繊維、ビタミン類、ミネラル類などの不足があります。そこでいま、59種類もの栄養素を含む「ユーグレナ」が大きな注目を集めています。

  • 2024-05-06

いつまでも健康で美しい肌でいるために

美容上の「うなはだけ」とは、美しい肌を保つのに大切な条件を頭文字で表したものです。「う」は潤い、「な」は滑らかさ、「は」はハリ、「だ」は弾力、「け」は血色のことです。この5つが揃っていれば、肌はいつまでもいきいきして、やわらかく弾力があり、キメが整った健康な肌といえます。これを今だけでなく、5年後10年後も維持するできるかどうかです。

  • 2024-04-19

ヒト幹細胞培養液とエクソソームの役割

いま注目のヒト幹細培養液には、エクソソームが含まれています。従来にはない細胞の若返り効果をもつとして、化粧品業界で急速にニーズが高まっています。エクソソームは細胞が放出するカプセル状の小器官で、情報を目的の細胞にとどけます。目的に到達して細胞膜に融合すると、カプセル内のマイクロRNAが細胞内に入り、情報を伝えます。肌の幹細胞を活性化させ、美肌をつくり、しわ、しみの改善する理由です。

  • 2024-04-05

「酒さ」から脱出するために大事なこと

酒さの原因の多くは、化粧品に含まれる合成成分です。お酒に酔ったような赤ら顔になるのでそう呼ばれています。美しい肌になろうと使いつづけてきた化粧品なのに、いつの頃からか肌が極端に乾燥しやすくなり、小さなニキビ様のブツブツができ、赤ら顔で戸惑っていないでしょうか。仮にあなたがそうであっても、ちゃんと治す方法があるので安心です。

  • 2024-03-21
  • 2024-03-21

スキンケアとはそもそも何をすることか

みんなが望む肌とは、赤ちゃんのような柔らかく弾力のある肌をいつまでも保つことではないでしょうか。でも肌は年齢とともに紫外線にさらされたり、大気中の汚れやアレルギー物質の刺激をうけたりして、少しずつ老化がすすみます。この老化をできるだけ遅らせて、柔らかく弾力のある肌を維持することがスキンケアの目的です。それにはどのようなスキンケアをすればよいのでしょうか。

  • 2024-03-09
  • 2024-03-11

酒さ様皮膚炎と合成添加物

多くの化粧品の成分表には、合成成分がびっしり書かれています。これらの添加物は人体に有害で、国の基準で配合基準が厳しく定められています。これが酒さの主因で、表皮常在菌を殺傷したりそぎ落としたりします。その治療のステロイドの副作用で発症するのが酒さ様皮膚炎です。その改善には、天然成分100%の化粧品で保湿することが必至です。

  • 2024-02-25
  • 2024-02-27

スギ花粉症の予防と改善

今年も花粉の季節がやってきました。そこでご提案したいのが、糖鎖サプリメントの摂取です。糖鎖の先端が血液に乗って送られてくる物質に触って栄養か有害物質か判断しています。ところが現代人の糖鎖はおよそ40%が損傷しているといわれ、花粉を敵と誤認して攻撃してしまうのが花粉症です。糖鎖の異常を修正することが大事な理由です。

  • 2024-02-19
  • 2024-02-26

石けん選びと正しい保湿

敏感肌や酒さ・酒さ様皮膚炎の人は、石けんの使用を怖がります。石けんでひどい目に遭っているからです。石けんの品質はまさにピンキリで、アルカリ性の強いものや洗浄力の強すぎるものは、必要な皮脂や表皮常在菌まで削ぎ落としてしまい、肌が突っ張ったり、カサカサしたり、ヒリヒリ刺激になります。でも完全な手練りのぷろろ白樺石けんなら徹底的に刺激を取り除いているので、酒さ・酒さ様皮膚炎やアトピー肌にも問題なく使えます。