注目キーワード

「糖鎖」の異常が病気や肌トラブルを招く

病気や肌トラブルを招く「糖鎖」の異常糖鎖は細胞のアンテナ

糖鎖は細胞のアンテナ

「糖鎖」という言葉を知る人はまだ少ないかもしれません。細胞には「糖鎖」と呼ばれる無数の産毛のようなものがあり、個々の細胞は正常に働くために互いに情報をやりとりしています。極めて重要な役割で、血液に乗って運ばれてくるものが栄養なのか有害物なのか、糖鎖が区別しているのです。それが栄養なら細胞内に取り込んでエネルギーなどに変え、細菌やウィルスであれば免疫細胞と連携して排除します。もし糖鎖に異常があれば、細菌やウィルスを細胞に取り込んでしまい、病気になります。ところが現代人は、食品添加物や活性酸素などの影響で、糖鎖が40%も損傷しているといわれています。糖鎖を正常な姿に直すことが、健康を維持するうえでとても重要なのです。

 

 

細胞表面の糖鎖の顕微鏡写真

 

糖鎖が完全でなければ栄養が無駄になる

糖鎖の働きが解明されたのは、生命科学の進歩で、遺伝子情報(ヒトゲノム)が解明された今世紀に変わるころのことです。糖鎖は、ブドウ糖やガラクトースなど8種類の単糖が、さまざまな配列で鎖のようにつながっています。糖鎖を完全な姿にすることが、健康にとって非常に大事であることがわかってきました。細胞が必要とする栄養が十分に供給されていても、糖鎖の材料が不足していれば、いくら良質なビタミンやミネラルを摂っても有効にはたらかず、酵素や遺伝子も十分に機能できないのです。糖鎖はいわば全細胞が機能するための基盤にあたるもので、ぐらついた基盤の上に本当の健康を築くことはできないことになります。

 

さまざまな糖鎖のはたらき

 

 

糖鎖を形成する単糖は8種類のみ

糖質は200ほど種類がありますが、糖鎖はこのうちわずか8種類の単糖からなっています。このうちグルコースとガラクトースは通常の食事から摂取できますが、あとの6種類は通常の食事から摂取は困難とされています。糖鎖はこの単糖が長短さまざまに組み合わせにつながった鎖のような形をしています。ABO式の血液型も、その組み合わせのわずかな違いで決まっています。人の体には60兆個の細胞がありますが、その一つひとつに、500本から10万本もの糖鎖が存在します。腸で消化された栄養は、細菌や有害物も一緒に細胞へ運ばれますが、それが栄養なのか細菌やウィルスなのか、瞬時に遺伝子情報に照らして判断しているのが糖鎖です。細菌やウィルスなどの有害物質であれば、免疫細胞に伝えて直ちに排除させます。もし糖鎖に異常であれば、それらを間違って取り込んでしまい、さまざまな病気の原因になり、体調不良や健康が損なわれることは容易に想像できます。

 

明らかになった効果と症例

糖鎖が正常であれば、美容・美肌効果、免疫力の向上、老化予防、健康維持、IQ-EQの向上、ストレスの緩和、記憶力低下の予防、認知症の予防、自己免疫疾患、ダイエットなど、健康全般によい影響をもたらします。また、新型コロナなどの予防にも役立つと考えられます。糖鎖の働きについては、「糖鎖のチカラ」(医師・安藤幸来著、四海書房、1,400円)にくわしく書かれています。この著者は、慢性の治りにくい病気をもつ何人もの患者さんに糖鎖を投与した効果を詳述しています。「現代医学が血眼になっても治せないような病気に、糖という簡単な食品がほんとうに効果をもたらすのだろうか」と、当初は心許なく感じたそうです。勤務医を経たのち、クリニックを開業し、多くの患者さんに治療と並行して糖鎖栄養素を飲んでもらった結果、明らかになった効果をたくさんの症例とともに紹介しています

 

糖鎖を伝える書籍

 

 

8種類の具体的な単糖

糖鎖を形成する単糖は、グルコース、ガラクトース、マンノース、フコース、キシロース、N-アセチルグルコサミン、N-アセチルガラクトサミン、N-アセチルノイラミン酸の8種類です。このうちグルコースとガラクトースは炭水化物や乳製品から摂取できますが、他の6種類は、つばめの巣、カニなどの甲殻類、メカブやモズク、サボテン類やきのこ類、母乳などに含まれる稀少な成分ばかりです。バランスのよい食事が大切とはいえ、食材の栄養が偏ったり、添加物が多用されていたりする食品では、単糖をバランスよく摂取することはむずかしいのです。しかも8種類の単糖がバランスよく揃わなければ、正常な糖鎖が形成できません。これを補うには、サプリメントで摂取する必要があります。ただ製造技術が困難なため、当初はアメリカのマナテック社で製造されたものを輸入していました。現在は日本のメーカーでも製造ができるようになっています。

 

サプリメント「糖鎖(TOSA)」

健康と美容を使命とするぷろろ健美堂は、酒さ・酒さ様皮膚炎でお悩みの方のために、糖鎖の取り扱いをしたいと考えました。その結果、8種類の糖鎖栄養素に加えて、さらに効果を高めた成分を配合したサプリメント「糖鎖(TOSA)」の取り扱いを実現しました。「糖鎖(TOSA)」の原材料は、乳糖(乳成分を含む)、デキストリン、キシロオリゴ糖、グルコマンナン、ぶどう糖、鮫軟骨エキス末、N-アセチルグルコサミン(えび・かにを含む)、メカブフコダイン、燕窩末、アロエベラ抽出物、GABA/L-トリプトファン、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンE、パントテン酸Ca、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12がバランスよく配合されています。このサプリメント「糖鎖(TOSA)」には、8種類の単糖のほか、ギャバ(GABA)とL-トリプトファンを補強しています。吸収と体内利用率を高める各種ビタミン、感情を安定させる抗ストレス作用、リラックス効果もある神経伝達物質が配合されています。

 

 

 

  栄養補助サプリ「糖鎖(TOSA)」

 

酒さ・酒さ様皮膚炎の治療にも

糖鎖サプリの「糖鎖(TOSA)」は、正しい糖鎖を形成するために不可欠な栄養素です。皮ふの細胞に糖鎖栄養素を補給すると、傷んだ糖鎖が修復され、恒常性維持機能と再生力を高めることができます。代替療法を導入しているある皮膚科クリニックでは、酒さ・酒さ様皮膚炎の治療のため、天然成分でできたオーガニック化粧品に加えて、糖鎖を投与して体の内と外から改善を図ることに成功しています。糖鎖の形成を助けるビタミン類や微量栄養素をバランスよく配合した「糖鎖」が効果をあげているのです。酒さ・酒さ様皮膚炎で損傷した肌の再生に寄与しています。

そこでぷろろでは、酒さ・酒さ様皮膚炎の慢性化で改善が思わしくない場合には、糖鎖栄養素の摂取をおすすめしています。定期の初回は2割引き、2回目からは5%引きでご利用いただけてお得です。回数に縛りがないので安心です。もちろん糖鎖の摂取だけで万能とはいえないかもしれません。しかし、糖鎖はすべての細胞にかかわるので、体全体のはたらきに影響します。肌老化を抑え、自然治癒力を高めて、アンチエイジングにも効果が期待できるのです。

白樺化粧品の通販サイトはコチラ

白樺ドリンク(ホワイトバーチウォーター)の通販サイトはコチラ