オーガニックライフ 完全オーガニック派向

「モアオーガニック」がオーガニックを超える、その理由

「モアオーガニック」がオーガニックを超える、その理由
化粧品や食品など、オーガニック製品が根強い人気ですね。

天然成分だけを使用した安全で体に優しい品質が魅力のオーガニック製品ですが、実は「オーガニック」と謳っているだけではいろいろな問題点もあるようなのです。

そんな中で「オーガニックを超えるオーガニック」ともいわれる「モアオーガニック」が、今注目を集めつつあります。

どんな点がオーガニックを超えているのか、その特長に迫ります。

日本における「オーガニック」その基準と問題点

まず、日本での「オーガニック」についておさらいしましょう。

日本での「オーガニック」とは一般的に、「有機栽培された植物を使って作った製品」のことをいいます。有機栽培とは、化学肥料を使わないたい肥で育てる栽培法のことです。

日本では、食品においてはオーガニック認定についての厳しい決まりがあります。
化粧品なども世界基準に則した厳しい決まりのもとで生産されてはいますが、きちんとした基準や認定機関などは特に設けられていません。

一方、海外の先進国では「オーガニック認定機関」というものが各国にあります。

国自体が設けているところもあれば民間で運営されているところもあり、どこも厳しい審査基準をパスした製品だけが「オーガニック」を名乗ることができるんです。

世界のオーガニックの基準の落とし穴

例えば、オーストラリアの「ACO」という機関では最低3年以上は農薬を使用していない農場で原料となる植物を育てなければいけないというような決まりがあります。

さらに、フランスの「エコサート」という認証機関では製品の95%を自然原料で作ることや環境汚染の可能性のある成分を使わないことなどを基準として設けています。

でもこの基準、言い換えれば5パーセント以内なら化学合成成分を使用していてもオーガニックを名乗れるということにもなりますよね。

それに、その厳しい海外のオーガニック基準であっても、生産・製造の都合で数十種類の科学合成物質の使用が許されているのです。

たとえきちんとした認定を受けたオーガニック製品であったとしても、敏感肌の方などは完全に安心して使用できるとは限らないということになりますね。

オーガニックよりもオーガニックな「モアオーガニック」とは?

「モアオーガニック」がオーガニックを超える、その理由

日本では、食品以外のオーガニックの基準があいまいなために原料のほんの一部にオーガニック原料を使っているだけでオーガニックを堂々と謳っている製品がいくつも販売されています。

「オーガニック」という言葉に釣られてそんな製品を選んでしまっては、「期待していたものと違う……」なんて結果にもなりかねません。

そんな不安を解消してくれるのが、「モアオーガニック」なんです。

モアオーガニック製品とは、一切の保存料や合成添加物などを排除した、通常のオーガニックの基準を超えるような製品のことです。

その上、原料を生産する土壌にまく肥料なども自然由来のものを使用し、もちろん農薬なども使わずに作られているものなのです。

例えば、30年以上農薬を使用していない土地で植物原料を育てたり、ワクチンや抗生物質などを投与していない飼料で育てたハトのフンを熟成させて肥料として使ったり、ケミカル要素を徹底的に排除して作られたものだけをモアオーガニック製品と呼びます。

モアオーガニック製品は、自然由来の成分を追求したこだわりいっぱいの製品なんですね。

世界基準を超えた「モアオーガニック」製品を、あなたも使ってみませんか?