オーガニックライフ オーガニック基礎知識

どこが違うの? オーガニックコスメと普通の化粧品

どこが違うの? オーガニックコスメと普通の化粧品

オーガニックと聞くと、ぼんやりと「体によさそう」「ふつうの化粧品よりもお肌に優しそう」というようなイメージが浮かぶと思います。

でも、オーガニックコスメとは一体何なのか、普通の化粧品との違いは何なのか、具体的にはよくわからない方も多いのではないでしょうか?

オーガニックコスメと普通の化粧品、その特徴を比較してみましょう。

「オーガニックコスメ」って、なに?

日本では、食品においてはオーガニック認定についての厳しい決まりがありますが、化粧品においては特に基準がありません。
一般的に、「有機栽培された植物を使って作った化粧品」を「オーガニックコスメ」と呼んでいます。

化学肥料や農薬を使わずに育てた植物の成分を手間ひまかけて抽出し、合成界面活性剤や防腐剤、人工香料などを添加せず、自然の成分のみで作っているものがオーガニックコスメなのです。

「お肌に優しそう」というイメージはこのような特徴から定着したものなのですね。

その分、大量生産が難しくなり、少々割高になってしまうという側面があります。また、防腐剤を含まないのであまり日持ちがしないという点もあります。

普通の化粧品「ケミカルコスメ」

オーガニックコスメに対して、お手軽で使い勝手のいいいわゆる「普通の化粧品」が「ケミカルコスメ」です。

ケミカルコスメに含まれている石油系の成分は大量生産を可能にするため、作るのに手間のかかるオーガニックコスメよりも低価格なものが多いですが、長い間使用することで知らず知らずのうちにさまざまな肌トラブルを引き起こしていることもあるのです。

乳液やクリームなどの有効成分をお肌の奥まで浸透させるために使われている界面活性剤や、潤いをお肌の奥に閉じ込めるために使用される合成ポリマーがその代表例です。

これらは、本来肌を外部の刺激から守っている皮脂を溶かしたり、肌の正常な働きを低下させてしまう可能性があります。

もちろん、化学合成成分が入っていても、お肌へのダメージを極力抑えるように配慮されているケミカルコスメも多く、きちんと吟味すればとても便利なものです。

しかし、どんなにお肌への配慮がされているとしても、人工香料や防腐剤などが添加されていれば植物由来の成分のものよりもお肌に負担を与えやすいことは否定できません。

オーガニックコスメの魅力とは?

どこが違うの? オーガニックコスメと普通の化粧品

石油由来の成分や化学成分を含まないオーガニックコスメは、世界各地の伝統的な自然療法に学び、安全性が高い天然由来の成分を使って作られたものです。

ケミカルコスメのように短期間では効果は出ませんが、お肌が自ら美しくなろうとする力をサポートし、じっくりと効果が表れます。

お肌を根本的に健康な状態にしてくれるので、一度お肌がいい状態になれば、一時的に使用をやめても効果が持続するというメリットもあります。

いわば、オーガニックコスメは「大器晩成型」なんです。

実は、石油成分を含んだ化粧品が日本で作られるようになったのはほんの60年ほど前のことなんですよ。昔ながらの体に優しい天然素材で作られたオーガニックコスメは、それだけ安心であるともいえますね。

メリットとデメリット、それぞれを知った上でオーガニックコスメと上手なお付き合いができれば、理想のお肌にぐっと近づけますよ。