注目キーワード

いま話題のヒト幹細胞化粧品の効果とは

再生医療を応用した新次元の化粧品
幹細胞の研究は再生医療や美容の分野で進化しつづけ、大きな変革をもたらしています。バイオテクノロジーが生み出す機能性化粧品も、こうした幹細胞研究に基づくもので、美容やアンチエイジングに大きな期待が寄せられています。幹細胞培養液には、情報伝達物質サイトカインが500種類以上も含まれており、副作用もなく安全に使用できる特徴があります。サイトカインが肌の幹細胞に直接働きかけて、細胞を成長させたり増やしたりして、ターンオーバーを促すことで、シミやくすみを改善し、アンチエイジングの常識を根本から変えるものといえます。
 

肌内部の幹細胞を刺激し再活性化


従来の化粧品と根本的に違うのは、皮ふからヒト幹細胞培養液を浸透させて、表皮幹細胞、真皮幹細胞を活性化し、加齢とともに衰えたコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどを肌内部からつくり直し、肌再生を可能にすることです。従来の化粧品のように外から美容成分を補うのではなく、肌内部から美容成分をつくりだすところが画期的です。そもそもシミやくすみができ、ハリや弾力、うるおいがなくなる大きな原因は、肌の幹細胞が衰えて、肌を支えるコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどのタンパク質が変性したり、劣化や減少することです。とくにシミやくすみは、肌のターンオーバーの乱れで、メラニン色素が排出しきれず、蓄積して沈着し、肌の透明感が失われるためですが、ヒト幹細胞培養液はターンオーバーを活発にしてメラニン色素の沈着を防ぎ、生成を抑えて排出を促します。また休眠状態の幹細胞を刺激して再活性化し、美容成分を内部からつくりだして自ら若々しい肌を再生するのです。
 

QUEENS美容液
              ヒト幹細胞美容液ぷろろQUEENS

 

幹細胞から培養液に浸出される成分


人の細胞はたった一つの受精卵から細胞分裂をくり返して、成人の体は60兆個もの細胞から成り立っています。そして200種類以上もの役割や機能をもつ幹細胞へと変化し、増殖・分化をくり返し、脳や胃や皮ふの細胞をつくりだします。幹細胞には決まった役割をもたず、どんな細胞にでも変化できる細胞があり、これを「幹細胞」と呼んでいます。ノーベル賞を受賞した山中教授のiPS細胞もその一つです。幹細胞は、自分とまったく同じ能力をもつ細胞に変化したり、さまざまな役割をもつ細胞に自在に変化することができます。ケガや病気で損傷が生じるとその箇所に幹細胞が集まり、増殖・分化をくり返して失われた細胞を再生し、機能を回復させます。幹細胞培養液とは、この幹細胞を人工的に培養するときに分泌される成分です。幹細胞化粧品は、この幹細胞培養液を利用し、肌内部の幹細胞に働きかけて再生力を甦らせる化粧品のことです。
 

サイトカインが細胞を再活性化する


幹細胞培養液には、500種類以上もの細胞活性のカギをにぎるサイトカインと呼ばれるタンパク質が浸出しています。昨今注目されているEGFやFGFは幹細胞培養液に含まれるサイトカインの一種です。美容外科などでは本人の幹細胞を採取して培養し、肌に戻す幹細胞美容法も行われていますが、数百万円単位のお金がかかることから、誰でも簡単に利用できるわけではありません。そこで比較的安価につくれる幹細胞培養液を利用した化粧品が開発されたのです。培養液に含まれるEGFが表皮幹細胞を元気にし、肌表面のキメを整えて肌のバリア機能を高め、できてしまったシミやしわの改善、美白、ターンオーバー正常化、創傷治癒作用、発毛・増毛などの効果が確認されています。毛穴の開きやたるみなどの改善にも期待できます。
 

ヒト幹細胞のサイトカイン
            ヒト幹細胞培養液に含まれる主な成分

 

幹細胞培養液の種類


幹細胞培養液には、リンゴやカミツレ、バラなどの幹細胞を使った植物由来のもの、羊などの動物由来のプラセンタから抽出される動物由来のもの、ヒト由来のものと3種類あります。このうちヒトの肌と親和性がもっとも高いのは、細胞のレセプターに一致するリガンドを豊富に含み、馴染みも格段に優れているのはヒト幹細胞培養液です。本格的なアンチエイジングを求めるなら、ヒト由来の幹細胞培養液が1%以上の、できるだけ高濃度に配合されたものを選ぶことです。ただヒト由来の幹細胞培養液の問題点は、安定性の面で取り扱いがむずかしいことと、配合比率が高くなるほど価格も高くなってしまうことです。
 

トラブル肌の再生にも有効


酒さ・酒さ様皮膚炎などのトラブル肌では、ほとんどの化粧品が合わなくなり、保湿ができるものがなくなります。しかし、ヒト幹細胞培養液を使った美容液などの化粧品であれば、刺激なく保湿ができ、炎症の改善にも大きく役立ちます。ただ市販品には合成成分が多用されていることが多いので、悪化要因になりかねず、配合成分をよく見極める必要があります。またサイトカインのTGF-βには抗炎症作用があるので、敏感肌やアレルギーで荒れてしまった肌の改善に効果的です。植物由来のものは保湿力がありますが、ヒトの細胞と仕組みが根本的に異なるため肌に合わない場合があり、アレルギーや拒否反応などにも未解明な部分が指摘されています。動物由来のものは植物由来のものより人の幹細胞に近いとされますが、安全面に不透明な部分もあります。ヒト幹細胞培養液のものであれば副作用の心配なく安全に使用でき、効果も大きくなります。

≫⇒白樺化粧品の通販サイトはコチラ

≫⇒白樺ドリンク(ホワイトバーチウォーター)の通販サイトはコチラ