オーガニック化粧品

オーガニック認証があっても安心できない化粧品

オーガニック認証制度とは


オーガニック化粧品には権威ある第三者機関による認証制度があります。欧米の認証機関に高額な申請料を支払って厳重なチェックをうけ、真正なオーガニック化粧品であることを認証してもらう制度です。オーガニックを名乗っていても、ケミカル成分が使われている化粧品が数多く存在します。信じて使っていたらかぶれてしまったといったことがしばしば起きています。どうしてそんなことになってしまうのか。本当に信じられるオーガニックはどこで見極めればよいのでしょうか。
 

オーガニックなのに肌の悪化につながる原因


植物エキスを少し加えただけで「オーガニック植物成分を配合」などと表現している商品があります。農産物にはJAS法などの法律によってオーガニック基準が厳密に定められていますが、化粧品には明確な定めがありません。このため原料が安価な合成成分を主体にした商品でも、オーガニックや自然派を名乗れてしまうわけです。これを敏感肌などの肌トラブルがある人が使うと悪化してしまいます。そこで公正な第三者機関がチェックして、オーガニック基準をクリアしたものだけに認証マークを表示させ、消費者が安心して購入できるようにしたものです。
 

認証があるのにアレルギーを起こす化粧品


ところがオーガニックの認証を取得しているのにアレルギーを引き起こしてしまう化粧品があります。認証機関の基準の違いによって、一定の合成成分の配合が許容されているものがあるためです。化粧品は未開封なら常温で3年以上腐敗しないことが求められています。このため防腐目的で、ほとんどの商品にパラベンやフェノキシエタノールなどの合成防腐剤が配合されているのです。
 

認証機関が複数あるのは、どの成分を認めて、どの成分を認めないかの違いがあるためです。ほとんどの認証機関は、原料の95%以上がオーガニックであることを要求しています。しかし、残りの5%までは合成成分の配合が許容されているのです。基準を厳しくすれば、生産が難しくなるメーカーがあるからです。合成成分を一切使わず、天然成分だけで化粧品をつくることは技術的にそれほど困難なことなのです。
 


                     代表的な認証機関とマーク

 

許容されている合成成分


しかし敏感肌などの場合、わずか0.5%の成分にも反応してアレルギーを起こしてしまうものがあります。ごく微量でも、ピリピリしたり、痒みが出て使えなかったりします。そんな中で5%という数字はとても大きな数字なのです。しかし現実には、天然成分100%の化粧品を、市販品の中から見つけることは殆どできません。仮に出会えたとしても、消費者がその表示成分をみて安全かどうかを判断することは困難です。魅惑的なコマーシャルの文言を読んで、たくさんの商品をお試しして、どれが自分に合うか探しつづける、いわゆるコスメジプシーになってしまいます。
 

天然の防腐成分


では純粋に天然成分100%を謳うオーガニック化粧品は、防腐をどのように行っているのでしょうか。それには大昔から伝えられてきた天然成分の防腐剤を使います。天然醸造アルコール(エタノール)、ヒノキチオール、熊笹エキス、小麦由来のトコフェロール、ハーブ類のローズマリーなどが使われます。このうちローズマリーは、古来よりヨーロッパで鮮魚などを内陸に運ぶときに防腐のために添えて運ばれていたハーブです。
 

キャリーオーバー成分は非表示


もう一つ問題なのは、安全な天然成分だけで作られているオーガニック化粧品でも、表示に現れない合成成分が隠れている場合があるということです。どういうことかというと、メーカーが仕入れた化粧品の原料の段階で、製造工程において混入してしまう微量の合成成分があるのです。これをキャリーオーバー成分と呼んでいますが、これは全成分表示に記載しなくてよいことになっているのです。
 

キャリーオーバー成分の原因


オーガニック植物を栽培するにはたい肥が必要ですが、これに家畜や牛糞などを使うと、餌に加えられる狂牛病予防薬の配合が義務づけられていたり、また肥育を早める成長ホルモンが与えられたりするため、これが残留してキャリーオーバー成分になります。これを植物が吸い上げてしまうと、原料に含まれてしまいます。これも敏感肌には刺激要因になります。また植物エキスを抽出する段階で、化学溶剤が使われると、ほとんどは蒸発するものの、ごく微量が残留します。こうしたキャリーオーバー成分は表示されることはなく、消費者の目には見えないリスクとなります。完全な天然成分100%に固執するメーカーの場合、餌に混ぜる義務や規制がないハトを飼育し、これにオーガニック飼料を与えて、そのフンをたい肥にし、2,3年熟成させて使う方法を採用しています。
 

天然成分100%のJOCAマーク


このような徹底した究極のオーガニック化粧品に対して、日本オーガニックコスメ協会では、天然成分100%と認定した商品に、JOCA推奨マークを付与する制度をつくりました。JOCAマークのある商品であれば、消費者は安心して使うことができるのです。ぷろろ化粧品は、いち早くJOCAマークを取得した純正な天然成分だけでつくったオーガニック化粧品です。あらゆる化粧品が使えなくなってしまった敏感肌や酒さ様皮膚炎でも、刺激なく保湿が可能になっています。
 

≫⇒白樺化粧品の通販サイトはコチラ

≫⇒白樺ドリンク(ホワイトバーチウォーター)の通販サイトはコチラ