化粧品全般の基礎知識

「乾燥」はすべての肌トラブルの入り口

ねこ1

乾燥の原因

 
女性の肌の悩みでトップにくるのが「乾燥」です。それも年齢をかさねた人だけでなく、30歳過ぎの若い年代層から急増しています。乾燥するとバリア機能が弱まり、肌がツッパり、シミやしわができやすくなります。高級クリームを使ってもなかなか思うような効果が得られません。その原因がどこから来るのか、よく考えて対応しないと、やがて深刻な肌トラブルに発展しかねません。まずはその原因がなにかをみていきましょう。
 

ケミカル成分がバリア機能を弱める

現代の化粧品の90%は、石油を原料とするケミカル成分を原料につくられています。残りのオーガニックを名乗る化粧品の10%にも、ほとんど何らかの化学成分が使われています。これらの化学成分は、使うほどに肌のバリア機能を弱めていき、バリア機能そのものを壊してしまう性質があります。バリア機能は肌の水分の蒸発を防ぎ、さまざまなアレルギー物質が体内に入り込まないように重要な働きをしているため、こわれたままにはできません。そこで合成ポリマーを配合して、肌の表面にビニールのうすい膜をつくり、水分の蒸発を防ぎ、アレルギー物質の侵入を防いでいます。じつはここに問題を引き起こす大きな原因があります。
 

しっとり

 

皮脂分泌が妨げられる

肌は表面をビニールの膜で覆われると、皮脂腺から皮脂が正常に分泌できなくなるため、皮脂はもう必要がないのだと勘違いして、分泌をさぼるようになります。すると肌表面の油分が不足し、かさついてきます。また皮脂が肌の奥に閉じ込められて、ぶつぶつの吹き出物になったり、酸化して茶色がかり、肌の透明感が失われていきます。肌表面の乾燥も、奥にたまる油分も、肌の代謝が滞った結果なのです。このように肌のしくみは非常に繊細で精密にできているので、化粧品のコマーシャルや宣伝文句に惑わされて、肌が本来もっている機能を狂わせないようにしなければなりません。
 

オーガニックは乾燥する?

皮脂分泌の機能を戻すには、スキンケアの本質に立ち返る必要があります。1週間や1ヶ月で肌が見違えるほど生まれ変わることはありません。それはどこか不自然で、肌の生理に反する化学作用によるものと考えるべきです。肌が生まれかわるターンオーバーは1~1.5ヶ月ほどかかります。それを何回か繰り返して改善していくので、ある程度の時間がかかります。またケミカル化粧品をオーガニックに変えると、肌は素のままさらけ出されるので、一時的に乾燥しやすい状態になります。ポリマーの膜がなくなるからです。オーガニックは乾燥しやすいと早合点しないことです。素肌そのものの力を取り戻さないかぎり、肌がよくなることはありません。どんなに素敵なメークも素肌の土台が健康であってこそだからです。
 

表皮常在菌のはたらき

肌のバリア機能を担っているのは、肌表面の皮脂膜、角質層の細胞間脂質、天然保湿成分(MNF)です。みずみずしい角質層を維持する美肌の決め手は、肌自らが分泌する皮脂です。じつは健康な肌表面には無数の表皮常在菌が住んでいて、この皮脂と汗をエサにして、肌にとって最高級のクリームをつくり出しています。これが健康な肌の本当の皮脂膜ですが、常在菌はケミカル成分にめっぽう弱く、ケミカル成分によって剥がされたり一掃されてしまいます。すると必要な皮脂膜が形成されなくなるので、表皮常在菌を正常にもどすための整菌とか、育菌という言葉があるほどです。
 

常在菌

 

スキンケアとは皮脂の働きを補うもの

この皮脂膜にもっとも近い成分を補うこと、それがスキンケアの本質であり、肌本来のみずみずしさを保つ秘けつなのです。もともとスキンケアとは、加齢やさまざまな要因で皮脂が不足するのを補うものでした。ところがメーカーも消費者もしだいにこの本質から離れていき、つけ心地だけを追求するようになったのです。つけ心地を追求した化粧品が登場し、いつのまにか皮脂の代用品として機能しないものに変容してしまいました。化粧品の技術がどれだけ進歩しようと、肌の構造が変わることはありません。ここにずれが生じたのです。スキンケアの本質は、肌が自らの力で潤うのを助けることです。美容技術の進歩がこのことを忘れた結果が、乾燥肌や肌トラブルを増やす結果になったともいえます。バリア機能の破壊による乾燥が、あらゆる肌トラブルの入り口になっています。これを解決するには天然成分による保湿が不可欠なのです。
 

≫⇒白樺化粧品の通販サイトはコチラ

≫⇒白樺ドリンク(ホワイトバーチウォーター)の通販サイトはコチラ