レシピ/グッズ・最新情報

酒さ様皮膚炎などトラブル肌に使えるスキンケアとは

白鳥

急増する皮膚炎

脂漏性皮膚炎、酒さ、酒さ様皮膚炎など、一般の人があまり耳にしないような皮ふ炎が急増しています。皮膚科に相談しても、スキンケアは一切しないようにと指導されるだけで、処方されたワセリンだけ塗っているといったケースがほとんどです。水分の蒸発を防ぎ、肌を防護するワセリンを塗ることで、自然治癒力による回復を待つというものです。しかし症状はなかなか改善せず、人にも会いたくないと3年間も家に引きこもっている人もいます。ほかになにかよい改善策はないのでしょうか。
 

原因を知り改善へ方向性をしっかり決める

これらの症状は重くなると風に当たってもヒリヒリしたり、化粧水をすればたちまち顔中が腫れるといったケースもあります。肌はバリア機能が失われて、内部は乾燥状態になっているので、本来は水分補給と保湿が必要なのに、化粧水もできない状態なのです。どうすれば元の肌に戻せるのか、人知れず悩んだり落ち込んだりしがちです。ステロイドに頼ると後遺症がたいへんです。ここで大切なことは、なぜそのような肌になったのか根本原因を知って、バリア機能を改善する方向性をしっかりたてることです。あれこれ迷うと却って状態を悪化させてしまうケースが多いからです。
 

酒さ1

 

すべては乾燥からはじまる

初期症状はすべて乾燥からはじまっています。乾燥させまいと皮脂が多量に分泌され、毛穴につまって細菌が繁殖して炎症をおこしたり、バリア機能が失われているため有害物質が肌に侵入してアレルギーをひき起こしたり、ニキビができたりします。まず乾燥がすべての肌トラブルの入り口になっています。では、どうして30歳前後から乾燥しやすくなり、肌トラブルに巻き込まれるのでしょうか。それは化粧品に含まれる化学成分を長く肌に与えつづけた結果なのです。
 

ケミカル成分がバリア機能をこわす

ケミカル化粧品が得意とするさまざまな美容成分を、肌に浸透させるにはバリア機能が邪魔になります。そこで大切なバリア機能を壊して浸透させるのです。バリア機能が壊れた肌は、水分が蒸発して乾燥しやすくなり、また肌を守っていた常在菌もいなくなって悪玉菌が増殖し、ニキビや吹き出物ができやすくなります。さらに細菌やアレルギー物質が自由に侵入して炎症をおこし、しかも合成界面活性剤がじわじわと肌のたんぱく質を溶かして肌が薄くなり、水分を蓄める能力が衰えていきます。これが乾燥肌になってしまう理由です。肌が薄くなると、毛細血管が透けて赤ら顔になったり、さまざまな皮ふ疾患があらわれます。化粧品のケミカル成分の影響はすぐには出ないので、よいことずくめで普通は気づきません。10年も15年もたったころに症状があらわれるため、お医者さまもその因果関係がわかっていません。このため抗生物質や殺菌のための薬だったり、ワセリンだけの対処療法になってしまうわけです。
 

酒さ様皮膚炎でもOKだった化粧品

ステロイドの後遺症の酒さ様皮膚炎や、脂漏性皮膚炎で悩んでいる方が、思いがけず天然成分100%のぷろろ化粧品をつかってスキンケアが可能になり、改善が早まってよろこばれるケースがたくさん報告されています。禁じられていた保湿ができて、バリア機能が徐々にもどり、回復が早まったのです。その喜びをYouTubeの動画で紹介してくださった方がありました。下記のURLからご覧いただけます。(ご本人からご了解をいただき、ご好意によりここに再掲させていただきます。)

 

オーガニックでも配合がシンプルなものを選ぶ

元々がケミカル成分によってバリア機能がこわされた肌ですから、ケミカル成分が含まれる化粧品を使えば肌は当然ながら悪化します。世の中のほとんどの化粧品には、ケミカル成分が使われているので、全成分表示をよく確かめて、絶対に使わないことが大事です。天然成分のオーガニック化粧品であっても、なるべく配合成分がシンプルなものが望ましいです。
 

浸透剤が不要なぷろろ化粧品

ぷろろの白樺化粧水は、水の代わりに北海道の白樺樹液を使い、無農薬の国産ハーブと合わせた、とてもシンプルな化粧水です。しかし白樺樹液には、白樺が新緑を開くために大地から吸い上げたたんさんの養分が含まれており、根細胞を通過した水分はクラスターが小さいので、肌の細胞にすばやく吸収されます。配合成分のローズマリーはヨーロッパ時代の古くから長い歴史をもち、抗菌作用や肌のむくみ解消などに優れた効能をもっています。
 

01

 

油分の酸化がないみつろうクリーム

ワセリンをやめて白樺みつろうクリームを使えば、皮膚呼吸を止めることもなく、水分の蒸発を防ぎ、外部の有害物質から肌を防護します。主原料のみつろうもホホバオイルも、主体はワックスエステルというワックス成分なので、肌を酸化させたり油分が脂漏性皮膚炎を悪化させることもありません。その安全性は洋菓子作りや人工心臓にも使われることでもわかります。それでなお心配な方は、肌修復作用のある赤ちゃん用の黄からすうりエキスを配合した化粧品を使われています。いずれも肌本来の働きを助けて自然治癒力を高め、刺激なく保湿できるのがぷろろ化粧品の特長です。トラブル肌でも保湿できるため、徐々にバリア機能が戻ってきて、改善が早まるのです。まずトライアルで試してから、一日も早く悩みから解放されることをぷろろは切望してやみません。
 

≫⇒白樺化粧品の通販サイトはコチラ

≫⇒白樺ドリンク(ホワイトバーチウォーター)の通販サイトはコチラ