オーガニック基礎知識

メラニンはシミの敵か味方か

山頂

メラニンは嫌われ者?

紫外線対策が欠かせない季節です。強い夏の日射しを浴びるとメラニンが生成され、シミやくすみ、肌老化の原因になると考えられています。メラニンは肌の嫌われものです。そこで美白化粧品をつかって、メラニンの生成を妨害したり、メラニンをじかに漂白したり、とにかくメラニンを抑えこむ美容法が行われます。ところがメラニン本来の役目は、紫外線が肌に入ってくると、メラニンで黒っぽい傘をつくって紫外線を遮断し、肌の健康を保つことでした。いったいメラニンは、肌にとって敵か味方か、どう扱えばよいのでしょうか。
 

メラニンは紫外線から肌をまもっている

肌が紫外線にさらされつづけると活性酸素が発生します。活性酸素は肌細胞の老化をはやめ、シミやしわをつくり、皮膚がんの原因になります。そこで紫外線が皮ふの奥に入らないように、メラニンの傘をつくって遮断し、防ぐのです。太陽がつよく降りそそぐ地域の国の人びとの肌はメラニンを多くつるため、肌色が褐色になってからだを守っています。これに対して、メラニン色素が少ない白人種は、紫外線をうけるとシミやしわなど肌の酸化がすすみやすく、皮膚がんにもかかりやすいといわれています。つまりメラニンは、私たちの肌やからだを守るための大切なガードマンだったのです。その生成と排出のしくみを知り、自然な方法でくすみやシミを防ぐ方法を考えることが大切といえます。
 

メラニンの生涯

表皮の基底層にあるメラノサイトという細胞が、メラニンをつくる工場です。紫外線かあたると、淡い色のメラノサイトがメラニン色素をつくって褐色に変化します。メラニン色素の原料はチロシンというアミノ酸で、チロシナーゼという酵素がはたらいてメラニン色素にかわり、基底細胞からターンオーバー機能によって角質層に向かって押し上げられていきます。そして最後はアカといっしょに体外に排出されて、日焼けした肌色はもとの色にもどります。しかし肌に異常があると、メラニン色素が過剰生成されて、うまく排出されないことがあり、わる者として標的にされやすいのです。
 

化粧28
 

メラニン色素が沈着するとき

肌細胞の生成から排出までの周期をターンオーバーといい、20代では最短28日ですが、年齢とともにのびていき、5、60代ではおよそ2ヶ月くらいになります。表皮に滞在する期間がだんだん長くなるのです。このとき皮ふになんらかの異常があると、ターンオーバーが滞って、表皮にメラニン色素が沈着し、シミやくすみになってのこります。また生成されたメラニン色素の一部は、肌の表面に向かわず、逆に、肌の内側の真皮に落ち込んでしまうことがあります。その多くはマクロファージに食べられて消滅するのですが、皮ふに何らかの異常があると、メラニン色素は真皮にとどまり、沈着して褐色のシミになってしまうことがあります。これはちょっと手ごわいシミになる可能性があり要注意です。

肌が紫外線の刺激にさらされたとき、もしメラニンがなければ、肌は水ぶくれや赤い炎症をおこし、DNAが傷つき、皮膚がんになる危険性もあります。本当の敵は本能寺、いや紫外線から生じる活性酸素だったのです。
 

紫外線対策の仕方

そこで重要になるのが紫外線対策です。まず原始的でも、日傘や帽子で紫外線を浴びない工夫をすること、日焼けを防ぐUVカット化粧品を使うこと、古い角質をピーリングして代謝を促し、メラニンの排出をスムーズになるよう助けることです。UV化粧品は、紫外線吸収剤をつかったものより、皮ふへの負担が少ない二酸化チタンなどの紫外線散乱剤を使用したものを選ぶと安全です。

またSPF値は大きければいいのではなく、日焼けが始まるまでの時間の長さをあらわす数値なので、25以下にとどめても90%以上の紫外線をカットできます。しかも散乱剤ならUV-Bだけでなく、より害が大きいUV-Aにも対応できます。美白クリームなどの美白化粧品にはハイドロキノンがよく配合されますが、メラニン色素をつくるチロシナーゼを抑制するため、肌への負担がおおきくなり、肌の異常をひき起こしかねないので、ぷろろではおススメしていません。
 

ターンオーバーと保湿とビタミンC

バリア機能が弱ってくると、肌がうすくなり、乾燥しやすくなるので、紫外線の害をうけやすくなります。バリア機能を強化するには、保湿をしっかりすることです。化粧水だけで安心せず、クリームでしっかりふたをして水分の蒸発を防ぐことが重要です。また十分な睡眠、適度な運動、バランスの良い食生活、ビタミンC の摂取も大事です。ビタミンC はメラニン色素を薄くする作用があるので、ビタミンC が豊富なローズヒップの化粧水は有効です。

血行をよくするために、化粧オイルでやさしくマッサージをし、新陳代謝を促すことも大切です。白樺樹液に含まれるミネラルやアミノ酸は、ターンオーバーを正常化する作用があります。酸化しやすいオイルをつかった化粧品はさけ、ホホバオイルのような酸化しにくいものを選ぶようにします。肌の異常は、化粧品に含まれる化学成分をながく使うことによってもおこります。天然成分100%のオーガニックで、保湿をしっかりすれば、肌の異常はぐんと少なくなります。メラニンを味方につける工夫こそ大事といえます。
 

≫⇒白樺化粧品の通販サイトはコチラ

≫⇒白樺ドリンク(ホワイトバーチウォーター)の通販サイトはコチラ