ぷろろ白樺みつろうクリーム

保湿性を発揮する白樺みつろうクリームの効果

孔雀1

保湿にクリームが不可欠な理由

 
乾燥肌にはまず化粧水をしますね。でも、化粧水さえしていれば安心と無防備になっていませんか。じつは乾燥肌では、肌のバリア機能がこわれているので、化粧水のあとちゃんとフタをしなければ水分はどんどん蒸発してしまいます。このフタをするのがクリームの役目です。とはいえクリーなら何でもいいわけではありません。化学成分が使われていないことが大前提です。天然成分100%の白樺みつろうクリームなら、肌にやさしく、すぐれた保湿効果を発揮する理想的なものです。その効果を裏付ける成分について調べてみました。
 

白樺樹液の効用

白樺みつろうクリームとは、温めた白樺エキスにハチの巣から採取したみつろうを溶かして、これにホホバオイルをたっぷり加えて撹拌し、クリーム状にしたものです。シンプルながら最高級の素材をつかった贅沢な手づくりクリームです。

まず白樺樹液には、活性酸素を除去してシミをとる作用があります。海外でも保湿や美容効果の高いプラントウォーターとして注目されています。よく知られるように、春先の開花・開葉に必要な各種アミノ酸やミネラル、ポリフェノールなどをたっぷり含んだ水分で、無色透明で、くせがなく飲用するとほのかな甘みのある樹液です。北海道のきびしい自然に耐えて生きぬくために、白樺が大地から吸い上げた命の水なのです。
 
 

L1030239

 
 

みつろうは蜂の巣をまもる知恵の結晶

この白樺樹液を熱して、みつろうを溶かします。みつろうはミツバチが風雨などから巣をまもるための知恵が凝縮されたもの。肌をしっとりと柔らかくし、保護する、保湿性に優れた素材として知られます。化粧品だけでなく、ロウソクや洋菓子づくりにも使われ、唯一の食べられるロウ成分です。ミツバチが花から集めた蜜をハチミツにかえるときに分泌して、六角形の巣を固めます。ハチミツ10に対して1しか生成されない希少なものです。これを巣から切り離して、不純物や大きなゴミをとり除き、加工したものが、鮮やかな黄色いみつろうの固まりになります。みつろう本来の色と甘い香りは、場所や花の種類などによって変化します。
 
 

みつろう

 
 
みつろうは精製度を高めると色が抜けて白っぽくなりますが、プロポリスなどの豊富な栄養素を生かすため、オーガニック化粧品につかうときはむしろ未精製のものが使われます。ハチの巣を風雨や自然の脅威から守る性質が、保湿、柔軟、殺菌、抗炎症などにすぐれた効果を発揮するわけです。体温くらいの熱で簡単にやわらかくなるため、口紅などの化粧品やクリームに適しています。蜂蜜が入った巣を切り取ってそのまま食べるコムハニーや、フランス焼き菓子の材料にも使われる、安全性の高いものです。またみつろうは、他の油脂や配合成分を均質化したり、分散化する性質があり、乳化剤を使う必要がありません。
 

ホホバオイルは皮脂に含まれるロウ成分

ホホバオイルは、オイルの仲間とされていますが、主成分はワックスエステルです。別名ホホバワックスとも呼ばれ、成分的には植物性の液体ロウで、皮ふに含まれるロウ成分にちかく、肌につけると皮脂の代わりをします。ほのかな香りがあり、酸化しにくい性質から、化粧品には最適な素材です。気温が低いと固まりますが、温めるとすぐ液体に戻り、湯せんしても傷まないのが特徴です。こちらも未精製のほうが栄養豊富で、ビタミンE、ビタミンA、ビタミンB、必須アミノ酸などを含み、古来から美容や食用に利用されてきました。
 
 
DSC_9258
 
 
ホホバは砂漠地帯に生息する低木で、その実を絞ってオイルを採取します。主な産地はカリフォルニア、メキシコ、イスラエルの砂漠で生育するため、暑さに強く、水分を保って生きつづけられるので、肌を保湿し、ハリ、潤いを与える性質があります。また、不要な角質や汚れを取り去り、肌や髪の毛を乾燥から守ってくれます。浸透性がよく肌を柔らかくし、どんな肌質にも合い、保湿にすぐれています。
 

636_397
                ≫白樺みつろうクリーム

 
白樺みつろうクリームは、この3つの組み合わせているので、どんな肌もやさしく保湿し、保護し、失われた皮脂の代わりをします。乾燥を感じたら、まず石けんで汚れをおとし、たっぷり化粧水をして、クリームでしっかりフタをする、これが乾燥肌対策の基本です。白樺みつろうクリームはほとんどべとつかず、サラッとしていて、肌を酸化させないベストなクリームといえます。

≫⇒白樺みつろうクリーム通販サイトはコチラ

≫⇒白樺ドリンク(ホワイトバーチウォーター)の通販サイトはコチラ