オーガニック基礎知識

オーガニックで経験する使い始めの乾燥とは??

クローバー
 

かさつきと乾燥の理由

乾燥肌をケアしようとオーガニックコスメを使いはじめたら、却ってカサつきや乾燥が強まったように感じるという声を聞くことがあります。それはビックリすることでしょうね。これはケミカルコスメを長く使い続けた肌に生じやすい現象です。オーガニックに問題があるわけではなく、現在の素肌に問題があるのです。その理由をご説明しましょう。

問題はケミカルコスメの合成界面活性剤が、肌のバリア機能を壊してしまったことです。バリア機能が壊れると、当然ながら肌の水分が蒸発しやすくなります。これをカバーするため、ケミカルコスメでは合成ポリマーを配合して、肌の表面にビニールの膜をつくり、水分の蒸発を防いでいたのです。ところがオーガニックには合成ポリマーが配合されていないので、素肌が一時的に素のまま無防備状態になり、水分が蒸発しやすくなるのです。素肌をよくするためのいわば通過儀礼といってもよく、肌本来のバリア機能が回復するまで、ここを乗り切ることがとても大事になります。素肌が元気になってバリア機能が戻ってくれば、この症状は自然に解消していきます。なのでここを乗り越える工夫が大事なポイントになります。
 

こうして乾燥を乗り切る

そこでまず、強いクレンジングが肌に負担をかけていないかチェックしてみましょう。お化粧は植物オイルで落とすようにし、洗顔は石けんで行います。それからたっぷり化粧水をして水分を補給したら、みつろうクリームなどの良質のクリームを薄くぬりひろげてフタをし、水分の蒸発を防ぎます。乾燥がひどい部分にはオーガニックな美容液などで部分ケアをするとよいでしょう。メイクもなるべく化学成分の少ないものを使用します。日焼け止めを使う場合は肌に負担のかからないSPF値25以下のものを選びます。乳液や美白クリームは使わない方が賢明です。これを繰り返すことで、やがて肌はバリア機能を取り戻し、生き生きとつるつる素肌に戻っていくはずです。

オーガニックコスメに使用される植物成分は、肌の自然治癒力を高めてバリア機能を修復していきます。しかし即効性をしめす薬とは異なり、緩慢に作用するのである程度の時間がかかります。肌はターンオーバー(新陳代謝)によって再生が行われます。20代で28日前後、30代からは年齢をひとつずつ足した日数がかかるとされています。ターンオーバーが一巡して皮ふが入れ替わるころには、ほとんど解消されるはずですが、肌の状態によっては数クールを要する場合もあります。
 

ラベンダーの女性

 

ケミカルが演出する美肌の錯覚

肌の主なバリア機能は、表皮の角質層にあります。まず第一関門は皮ふ表面にある皮脂膜です。その下の角質層にNMF(天然保湿成分)と角質細胞間脂質があり、この3つで構成されています。ここには水と脂が交互に重なりあった層があり、外界から水も油も通さない仕組みになっています。そのおかげで私たちはお風呂に入ったり海水浴で海に浸かっても、水ぶくれにならずにすむのです。バリア機能が正常であれば、外界の細菌や有害なアレルギー物質や細菌が肌に侵入するのを阻止し、また肌の水分が蒸発するのを防いでくれます。

このため合成の美容成分を肌の中に浸透させることができません。そこで合成界面活性剤でバリア機能を溶解させ、肌の中に美容成分を送り込んでいます。つまりバリア機能を壊して浸透させているのです。バリア機能が壊れると肌の水分が蒸発しやすくなるので、これをカバーするために肌の表面をビニールのうすい膜で覆って蒸発を防ぎ、いわば見せかけのぷりぷり肌を演出します。私たちはビニールに覆われたつるつる肌をみて、肌自体がよくなったように錯覚しているわけです。

壊れた肌をオーガニックが再生する

これですめばまだよいのですが、合成界面活性剤は容易に分解せず、浸透力が強いので肌の奥まで浸透して細胞をこわしつづけます。そのためターンオーバーが乱れて、しだいに未成熟な角質層が作り出され、皮ふそのものが薄くなっていきます。すると水分保持力がさらに低下し、乾燥しやすい肌になっていくのです。また肌を弱酸性に保って悪玉菌の増殖を防いでいた善玉菌の皮ふ常在菌が住めない環境になり、にきびやアレルギーをひき起こしやすい肌になっていきます。合成ポリマーは分子のサイズがとても大きいため肌に浸透せず、表面にとどまって肌を覆うので、大切な皮脂分泌が阻害されます。このような肌環境では、乾燥肌は否応なく進行してしまいます。

安全な植物などの天然成分からつくられるオーガニックコスメは、壊れた皮ふの機能をゆっくり癒して、本来の肌に修復し、自立したみずみずしい美肌を取り戻していきます。オーガニックの使い初めになぜ乾燥するのか、その理由をよく理解して、入り口で挫折することなく乗り越えることにより、年齢をかさねても同世代から羨まらしがられるような美肌をキープできるようになるのです。皮ふが弾力を失い、シミやシワだらけになってからの回復は容易ではありません。手遅れになる前に、オーガニックの力で健康なしっかりした素肌を取り戻しましょう。