オーガニック基礎知識

肌トラブルを招かないクレンジングと洗顔の仕方とは!

白い花

つい面倒で軽く考えてしまいがちな化粧落とし。しかしお肌にとっておろそかにできないのが化粧落としです。じつはこれがスキンケアの大事な第一歩、土台作りになるからです。クレンジングと洗顔を混同している人も多く、やり方を誤って乾燥肌や敏感肌などの肌トラブルを引き起こしてしまうケースもたくさんあります。では正しい化粧落しとは、どうあるのがよいのでしょうか。

クレンジングと洗顔の役割り

クレンジングはメイクの脂汚れを取り除き、洗顔は肌についた大気中の有害物質や毛穴に詰まった汚れを浮かせてとり除くものです。メイクなどの油性の汚れは水では落ないのでクレンジングで、垢や日焼け止めによる毛穴のつまりなどの水性の汚れは洗顔で落とします。これを同時にできるクレンジングは、肌に余計な負担を与えてしまうのでおすすめできません。つまりクレンジングと洗顔は別物であり、ダブル洗顔は必要なことなのです。

さてクレンジング剤にはオイル、ミルク、ジェル、クリームなどさまざまなタイプのものがあり、何をどう使うえばいいのか迷うことも多いのではないでしょうか。メイク用品には油分が含まれるものが多いので、基本はオイルで浮かせてふき取ります。ジェルやクリームタイプのものは、脂を乳化させるために合成界面活性剤が使われていて、使い続けると肌の組織にダメージを与え、シミやシワができやすくなり、乾燥肌を進行させるので基本的におすすめできません。

クレンジングで大事なことは何を使うかではなく、いかに肌に負担をかけないで油性のメイクをきちんと落とせるかです。それには化学成分が入っていない天然のオイルを選びます。料理に使える、ドラッグストアやスーパーで売っているものでOKです。オイルは脂肪酸とグリセリンから出来ていて、その割合でオイルの性質がきまります。お肌によい作用をもつオイルとして、スクワランオイル、オリーブオイル、椿オイル、セサミオイル(ごま油)、ホホバオイルなどがあります。

コットン選びの注意点

クレンジングは身近なオイルでOK

スクワランオイルは、深海ザメの肝油からとれるものと、オリーブから取れるものがあります。オリーブはしっとり、サメはさっぱりしていて、伸びがよくサラッとして保湿力もあります。人の皮脂に似ていて刺激も少なく、アレルギーを起こしにくいので、乾燥肌にもニキビ肌にもお勧めできる万能オイルです。
オリーブオイルと椿オイルはべとつきがありますが、乾燥肌の人にはお勧めです。ただ脂肪酸の主成分がオレイン酸なので、ニキビの出やすい人には向きません。
セサミオイルは、太白ごま油がおすすめです。炒らずに生のまま絞ったもので、さっぱりしていてオイリー肌、ニキビが出やすい肌に向いています。
ホホバオイルの主成分は皮脂にも含まれる液体ろうであり、べとつかずサラッとしていて、過度な皮脂分泌を抑えてくれます。酸化しにくいのが特徴ですが、品質がよいものになると高価となります。

洗顔は洗顔石けんで行います。石けんは弱アルカリ性ですが、皮脂に触れると中和され、やがて肌は弱酸性に戻るので害はありません。石けん滓は洗い残して皮ふに残っても常在菌のエサになり、環境にも負荷を与えることがありません。よく泡立ててから、その泡を顔に押しつけるようにして汚れを浮かせ、ぬるま湯ですすぎます。そのあと化粧水とクリームをつけますが、皮ふにふれる時間をなるべく短く、クレンジングからクリームまでのお手入れは4、5分で済ませるのがポイントです。

クレンジング剤で皮ふを擦ったり刺激を与えないですませるには、クレンジングを使わなくてもよいオーガニック化粧品がおすすめです。石けんで落とせて、化学成分による皮ふを傷める心配もないので理想といえます。