オーガニック基礎知識

肌を美しく守ってくれるガードマンを大事にしていますか

ぶな林

私たちの肌で大切な働きをしているガードマンのことをご存じでしょうか。皮ふには常在菌と呼ばれる細菌が住みついていて、私たちの肌の健康を守ってくれています。とても大切な常在菌なのですが、その働きについて知っている人は多くありません。常在菌にふれている化粧品の広告や記事を目にすることはほとんどないからです。ともすれば不潔なイメージでマイナスに取られかねないという懸念もあるからでしょう。しかしもっと根本的な理由は、圧倒的なシェアを占めるケミカル系の化粧品が常在菌を無視して、削ぎ落としたり死滅させているからです。

私たちが好むと好まざるとにかかわらず、肌にはたくさんの常在菌が住みついていて、肌の健康を守ってくれています。健康な肌には必ず元気な常在菌がいるのです。その数は1センチ四方に20万個ともいわれています。肌にいる細菌には、肌のために働く善玉菌と、わるさをする悪玉菌とがあります。善玉菌の代表である常在菌は、表皮ぶどう球菌、アクネ桿菌、酵母菌などで、汗と皮脂をエサにして肌の表面に天然のクリームをつくり、肌のバリア機能を果たしています。悪玉菌の代表は外からきた黄色ぶどう球菌などで、常在している菌ではありません。

常在菌は皮脂を脂肪酸に変えて皮ふを弱酸性に保ち、アルカリ性を好む悪玉菌の繁殖を防いでいます。ですから常在菌が元気でさえあれば悪玉菌は増殖することができず、肌は健康を保てるのです。しかし常在菌が失われて皮ふがアルカリ性に傾くと悪玉菌が増殖し、ニキビや吹き出物など肌トラブルの原因になります。肌トラブルの治療法で、皮ふの菌の状態を調べて菌バランスを整える保険外診療サービスも現れているほどです。子供のときに皮ふを洗いすぎると、常在菌が失われてアトピー性皮膚炎になるリスクが高まるといわれているのは、こうした理由からです。

渓谷

石けんで落ちるコスメが好ましい

私たちが腕に注射をするとき、お医者さまはアルコールで腕を消毒します。これは皮ふにいる雑菌を一掃して、細菌が体の中に入らないようにするためです。常在菌もアルコールにはとても弱いのです。ところがそれ以外にも、化粧品に含まれるケミカル成分によっても失われてしまいます。合成界面活性剤や合成ポリマーなどのケミカル成分はいつまでも皮ふに残って、常在菌が育つ環境を奪ってしまいます。化粧品に含まれる防腐剤は殺菌作用を利用したもので、防腐剤が入った化粧品を使うと肌に常在菌は住むことができなくなります。また化粧落としのクレンジング剤で肌を強くこすると、常在菌ははがれ落ちてしまいます。クレンジング剤の成分にも合成界面活性剤が含まれているので、常在菌は生きていけなくなるのです。

常在菌のためには、洗浄力のゆるやかな石けんや、石けんで落ちる化粧品が望ましいことになります。石けんは界面活性剤の一種でアルカリ性ですが、5千年も昔から使われてきた安全なものです。石けんのアルカリ性は皮ふの脂肪酸にふれることで中和され、環境に負荷を与えず、皮ふに残った石けんカスは常在菌のエサになります。

健康で美しい肌とは、肌のバリア機能がしっかり働き、外から侵入しようとするアレルギー物質を阻止している状態です。肌の仕組みをよく理解し、角質層に十分な水分があり、常在菌が元気であれば肌は健康でいられるのです。