オーガニックライフ

お手軽! 自宅で混ぜるだけの「オーガニックハンドクリーム」作り

お手軽! 自宅で混ぜるだけの「オーガニックハンドクリーム」作り

冬の手荒れに欠かせないハンドクリーム。
さまざまな種類があるハンドクリームのなかでも、特にオーガニックハンドクリームは女性のなかでも人気が高いです。

そんなオーガニックハンドクリーム、実は買うだけでなく簡単に自宅で手作りできるアイテムであることをご存知ですか?

自分にとって最適なオーガニックハンドクリームを手作りできれば、肌との相性に関する悩みが一気に解消されるもの大きな魅力のひとつ。
オーガニックハンドクリームを試したことがない方も、混ぜるだけのオーガニックハンドクリームでオーガニックの世界へ足を踏み出してみてはいかがでしょうか?

クリームベースを使えば、「混ぜるだけ」でオーガニックハンドクリームに!

「オーガニックハンドクリームを手作りする」と聞くと難しそうに感じる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、市販されているクリームベースを使えば、プロビタミンB5やスーパーヒアルロン酸原末、低分子コラーゲンパウダーなどの有効成分と、ローズオイルなどの精油を混ぜるだけで出来てしまいます。
オーガニックハンドクリームを手作りする際は、クリームベースにパラベンや合成香料などが使用されていないものを選ぶことがポイントです。

50gのハンドクリームベースには、有効成分は3種類で合計5ml、精油は5~15滴ほど加えて混ぜるだけで完成します。

オリジナルのオーガニックハンドクリームを良い状態で使うためには、使用期限を守るために作成日を明記して冷暗所に保管し、できるだけ早めに使いきるように心がけてください。
夏は、冷蔵庫に入れて保管するのも良いですね。

本格的に手作りするなら、蜜蝋を使ったオーガニックハンドクリームを!

本格的に手作りするなら、蜜蝋を使ったオーガニックハンドクリームを!

より本格的に手作りしたい場合は、蜜蝋を湯煎で溶かしてホホバオイルやオリーブオイル、ココナッツオイルなどの植物油と、精油を加えて作るオーガニックハンドクリームをオススメします。
■材料
蜜蝋……2g
植物油……10ml
精油……1~2滴
耐熱容器、クリームを入れる容器、割りばし……消毒用エタノールで殺菌しておきます

■手順
1. 耐熱容器に入れた蜜蝋と植物油を湯煎にかけて、かき混ぜつつしっかりと溶かして馴染ませます。
2. キレイに溶けたら、クリームを入れる容器に中身を移し入れ、割りばしなどでかき混ぜて冷まします。
3. 少し白くなる程度に冷めたら、精油を加えかき混ぜます。熱いと香りが飛んでしまうので気をつけましょう。
4. 容器を机に落とすように空気を抜いて、15分ほど待ちましょう。
5. 冷めて固まったら、フタをします。

■注意点
・精油を加えた場合、乳幼児への使用は避けてください。
・使用前パッチテストを行い、かゆみなどが出た場合は使用を中止してください。症状がひどい場合は、皮膚科にかかりましょう。
・レモンやグレープフルーツなど光毒性の精油を使った場合は、日光にすぐ当たるとシミの原因になる恐れがあるので夜に使用するなどの工夫が必要です。
・蜜蝋を使用して手作りしたオーガニックハンドクリームは、1ヶ月を目安に使いきるようにしてください。

どちらも高価な材料などを必要とせずに、手軽にオーガニックハンドクリームを手作りできてしまいます。
今週末は、自宅でゆっくりとオリジナルのオーガニックハンドクリームを作ってみてはいかがでしょうか?